27年度 第12回 議事録

【日  時】平成28年3月15日(火)19:30~

 

【場  所】元生祥小学校1階103会議室

 

【出席者】小倉会長,城戸副会長,中平副会長

(敬称略)濱田,小橋,鍵山,永田,谷口,柴原,小林
事務局4名(春田,速水,福井,永田)

 

【協議内容】以下のとおり

 

(1)開会挨拶

(小倉会長)先日開催の「研修会」は好評だった。

一昨年から取り組んでいる薬物乱用問題について,小・中学生が 大麻所持等で逮捕される事件が続き,おやじの会としても身近な問題として危機感を覚える。今後も引き続き取り組みたい。

(春田部長)おやじの会の皆様の1年間の取組に感謝申し上げる。

子どもたちに関わる取組を進める中で,子どもたちに身近なPTA, おやじの会の皆様にご意見を頂くことができ,心強い存在である。

 

(2)前回議事の確認

 

(3)報告・検討事項

①おやじの会研修会・交流会を振り返って

<主な意見・感想>

・人とのつながりについて温かいエピソードが多く,プロの講師でないところが逆に魅力的で等身大の父親の姿を感じることができた。
・長年引きこもりであった青年を自分の会社に就労させることとなったエピソードがとても印象的だった。
・おやじの会の活動は,やはりコミュニケーションが大切であることがわかった。
・時間配分が難しかったが,参加者の“聞きたい”という思いが伝わってきた。

 

②薬物「ダメ。ゼッタイ。」緊急メッセージについて
(3月10日開催 薬物乱用防止緊急関係者会議)

<主な意見>

・自分たちの地域に帰って,広げていく必要がある。(各地域の団体で連携するなど)
・地域で危ないなと思う所などおやじが目を光らせる必要がある。
・各単位おやじの会でも話題にしていただくなど,発信をして欲しい。
・薬物に手を出してしまった子は,警察が対応し,おやじの会や地域がしなければいけないことは,“新たに手を出さない環境”をつくること。
・家庭や地域での大人の声かけが大切である。

 

③平成27年度一年間の活動を振り返って

→一年間の活動を確認し,次年度の取組についてはあらかじめ活動の時期・内容を決めるのではなく,定期開催の総会・研修会以外は随時活動テーマ(6項目程度)に沿って開催する。

 

④今後の取組について

・新年度の役員体制について

→中平副会長から,今年度で副会長を退任したいとの申し出があり,今後は,引き続き幹事として活動することを確認する。
なお,中平氏の副会長辞任に伴う今後の役員体制について,会長,副会長については,小倉氏,城戸両氏が引き続き務め,残る副会長(1名)については,今後,1年かけて人事を検討し柔軟に対応する。

・平成28年度活動計画について(活動テーマの検討)

総会・研修会は定期開催とし,今後は以下の「6項目」の活動テーマに沿って随時取組を実施する。

<活動テーマ>
○京都はぐくみ憲章の啓発○子どもの見守り○薬物乱用防止(※今年度重点取組)○防火・防災○親子体験○動物園とのコラボ事業

 

<主な意見>

・来年度もキーワード「見せましょう!おやじの背中」に沿って取り組みたい。背中=大人の姿,子どもの模範という意味
・今後,子どもたちを取り巻く薬物問題は一層深刻な状況になる,連絡会の重点取組としたい。また,おやじの会のメンバーには,地域でも活動する人が多いので,連絡会での情報を地道に地域に広げられるように取り組みたい。
・単位おやじの会が充実していないから,連絡会で何かするのではなく,連絡会で情報を得て,単位おやじの会へ反映できるような運営をしなければいけない。
・薬物問題などインターネット,スマホの利用と関係することなので,ケータイ・スマホの問題についても忘れてはいけない。
・OK企業への情報発信について,企業側に上手く伝える方法を考えなければいけない。

 

(4)報告事項

各単位おやじの会からの報告
・北区「おやじの会」連絡会

→3/7 北区「おやじの会」連絡会設立総会を開催

会長に三宮氏,相談役に長谷川北区長が就任。
おやじ・おふくろで楽しく活動したい。
総会の様子は,後日「北区じかん」に掲載予定

 

(5)その他

・生涯学習市民フォーラムの関係資料送付について
・人づくりニュース56号の発行について
・4月16日「憲法月間人権啓発街頭パレード」への参加について