京都「おやじの会」連絡会 〜「わが子の父親」から「地域のおやじ」へ〜
「子どもが見てるぞキャンペーン」アピール
   するなポイ捨て!   
子どもが見てるぞ! おやじの姿を子どもが見てるぞ!

これでいいのだろうか。
子どもたちの今が、そして未来がこのままでいいのだろうか。
我々、おやじは考えた。

自分さえよければいい。他人のことまで考えていられない。
楽しければそれでいい。
そんな子どもたちの思いが、行動が気にかかる。

私たちおやじは、子どもの頃、大人の行動を見続けていた。
おやじの背中を見てたくさんのことを学んだ。自分の将来の姿をそこに見た。

子どもは、常に大人の姿を見ている。
大人が何を大切にしようとしているのかをしっかり見つめている。
おやじは、そして大人たちは、子どもたちに大切なことを伝えてやりたい。
子どもたちに行動の中から多くのことを教えていきたい。

我々「地域のおやじ」は、
常に子どもの視線を全身で受けとめながら、
自信をもって、子どもたちの模範となるよう行動することを誓う。

美しい心を捨てるな。人の真心を捨てるな。
するなポイ捨て!

京都のまちの「地域のおやじ」から、
「子どもが見てるぞキャンペーン」として全国に発信する。


                   平成16年9月3日
                   京都「おやじの会」連絡会

「子どもが見てるぞキャンペーン」ポスター・ステッカー